千葉顧問略歴

千葉先生略歴

本名 千葉 征孝
昭和33年3月5日 東京都豊島区駒込で生まれる。
幼少期は体が弱く、病気、怪我が多かった。
幼稚園 聖ペトロ幼稚園、小学校 文京区立昭和小学校、中学校 文京区立第9中学校
小学4年生~昭剣会にて剣道、中学1~2年駒込警察署、講道館にて柔道を学ぶ。
昭和48年9月松戸市小金原に転居と同時に清心館松戸支部に入門。岡田孝慈先生に師事する。
昭和49年4月専修大学松戸高校入学空手道部入部(高体連空手道千葉県大会準優勝、3位その他受賞、若潮国体松戸市代表)
昭和51年3月清心館初段允可
昭和51年4月専修大学法学部入学、清心館松戸支部指導員
昭和53年アメリカ合衆国ロサンゼルス、サンフェルナンドにおいて空手を指導
昭和54年4月清心館弐段允可
昭和55年9月八光流柔術護身道師範許状允可
昭和56年4月清心館参段允可
その後、故岡田先生の許を離れ、東京都文京体育館、専修大学松戸高校空手道場にて空手の指導をする。
平成10年2月 長年に渡って老人福祉に携わった功績で柏市長より感謝状を受ける。
平成13年岡田先生の逝去により、清心流空手道協会に参加(清心会千葉)、清心流空手道協会第2回、第3回大会出場。
平成22年9月国際清心流空手道千葉道場設立
平成27年4月18日 東久邇宮記念賞受賞
平成27年11月3日東久邇宮文化褒章受賞
平成28年9月4日 日本空手道錬武舘 八段位允可
平成28年11月1日 清心流空手道 清心館 六段位允可(旧本部副館長 木津祥二先生より)
平成28年12月1日 清心流空手道総本部清心館 八段位允可

 

ごあいさつ

One for All, All for One.

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」

すべての人は、一人で生きている訳ではありません。

「人間」という字が示すように、人と人の間で良い影響、悪い影響、様々な影響を与え、与えられて生きているのが人間です。

また、「人」という字を見てみると、お互いに支えあって「人」という字になっています。人間はひとりでは「一」であり、「人」とはなりえないのです。

私も例外ではなく、「人間」であり「人」でありますから、自分ひとりきりでは、好きなことで も何ひとつ満足に出来ません。周りの人たちの支えがあってこそ、初めて私個人が成り立っています。

全日本防具空手道協会も然り、私共だけの力では、発展は望めません。皆さんのお力添えあってこそ、防具空手道というものが世界に普及出来ると信じております。

どうか、防具空手道普及のために皆様にお力添えいただき、少しでも防具空手の輪を広げていきたいと思う所存でございます。

 

全日本防具空手道協会 顧問 千葉 征孝

 


 

加盟団体及び道場募集

全日本防具空手道協会は、防具付空手道を通じて、統一ルールの下に技術を研鑽し、安全な防具空手道の普及に携わっていただける団体および道場の方々を広く募っています。

 

募集要項

●入会資格/年齢男女を問わず

●以下に該当するもの

空手団体、それに準ずる団体/個人道場/空手同好会

空手経験がある個人

●入会金・年会費

入会金/1万円、年会費1万円

●入会審査

入会に当たって、簡単な審査があり

一緒に会を盛り上げていただける方(団体)

(入会に相応しい人物か選考審査有)

※入会できない人(団体)

反社会的勢力、及びそれに準ずる人(団体)

会の活動に非協力的な人(団体)

●入会方法

事務局に連絡の上、送付書類に必要事項を記載し、入会金、年会費を支払う

 

● LINK 先

© 2020 全日本防具空手道協会 — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑